施設での介護と在宅での介護の違いについて

まずはお金がかからないのが最大の違い

介護施設で高齢者が受ける介護と在宅での介護の大きな違いは、在宅は「お金がかからない」というです。基本的に施設で介護を受ける場合は、施設に入居金だったり毎月の利用料金など数十万、数百万円かかってくることも珍しくありません。それに対して、在宅で介護をする場合はそのような施設を利用するお金は全くかからなくなってきます。ですので一番安上がりな方法が在宅介護です。家族の中に介護をする人手がある場合は、施設介護を利用するよりも在宅介護を利用したほうが経済的にお得になってきます。
ただ、お金がかからないから在宅介護が絶対に良いというと、そういう訳でもなく、在宅介護と施設介護の特徴が違うため施設介護の方が良い場合も出てきます。

介護の大変さを大幅に解消してくれる施設介護

また、料金的には家族介護の方が優れて来ますが、介護の大変さを考えた場合には施設介護の方が優れている部分もあります。家族介護となると家族の誰かがその介護をする負担を敷いられるので、精神的・体力的な浪費も多いです。しかし、施設介護を利用すればそれらの負担を全て介護施設の方が引き受けてくれます。お金はかかるものの、その精神的・体力的な負担が大幅に軽減することができるため、介護に疲れてしまった方などは高額のお金を払ってでも、施設介護の利用を希望される方も増えています。
介護施設を利用する方法と在宅介護を利用する方法は、以上のような違いがありますので、経済的な面と体力や精神的な面を加味して、どのような介護をするのか決めていくことが大切です。