医療と介護の連携

介護施設の医療行為は限定的

要介護の高い方が入る介護施設程、医療行為においては限定的に行われる可能性があり、その医療行為としては健康管理の域と言えるかもしれません。例えば、体温チェックや血圧などに関する管理などが挙げられ、医師による診断などは余程の時以外はないと言える場合もあるでしょう。リハビリなどの回復改善は行われない場合もあると言えます。
介護施設の種類によっては介護保険点数に関わる場合もあり、行っている所もあると言えますが主にリハビリ関連などに特化していると言え、医療行為に関してはこちらも限定的に行われるでしょう。いざという時のために病院との連携は、不可欠と言えるかもしれません。健康的に暮らすためにも、改善する必要がある問題です。

病院が行う介護事業を利用する

介護施設の中には病院などが運営する介護施設なども存在し、病院が隣接している可能性もあると言えます。このような施設であれば、例え毎日の医療行為が限定的であったとしても、いざという時の対応はしやすいのではないでしょうか。もし、健康面での不安があるのであれば、このような施設の利用も検討してみても良いと言えます。
病院はリハビリなどに関しても専門の資格を持つスタッフなどもおり、回復が見込めるリハビリを行ってもらえるかもしれませんので、介護施設にどのようなサービスがあるのかもあわせて検討する事で、快適な利用ができる場合もあるのではないでしょうか。施設選びをされる際は、このような点も考慮して慎重に選ぶと良いと言えます。